システム監査で守る

ネットワークについて知る

このサイトでは、システム監査とセキュリティ対策について述べています。
システムの監査を行い、脆弱性対策を万全にする事で、コンピューターシステムやネットワークシステムのトラブル対策に繋がってきます。
監査に役立つツールや監査におけるログを活用する方法を紹介し、未経験でも監査の仕事をするにはどのような準備をしなければいけないのかという情報を提供しています。
様々な危機を避けるにはネットワークとコンピューターシステムの強化は必須です。

システム監査をしっかり行うことはトラブル対策に繋がる

システム監査をしっかり行うことはトラブル対策に繋がる システム監査をしっかり行うことはトラブル対策に繋がります。
これは事実ですが、この事実を逆に解釈する人が多いのでまずそれははっきりと注意しておかなければなりません。
どういうことかというと、監査をしっかりしていればトラブルは防げるはずなのだから、もし何かトラブルが起きたのならそれは監査が悪いという論理です。
これは明らかな間違いであり、監査にそのようなことを求めるのはお門違いですから肝に命じておきましょう。
システム監査は、トラブルが起きやすそうなところやリスクが高そうなところに重点を置いて確認するのが普通です。
普通というか、それが監査の常道といって良いでしょう。
ですから、力量の高い監査担当者であれば、これは気付かれずに放置されると後々のトラブルに繋がることになったかもしれないという箇所を、あまりスキルレベルの高くない監査担当者よりはうまく見出す可能性が高くなります。
そういう意味でトラブル対策に繋がるということです。

システム監査に役立つツール

システム監査に役立つツール オフィスでシステム監査で役立つツールとしては、エクセルとパワーポイントです。
一見システム監査とは何の関係も無さそうですが、たくさんのシステムを導入するとどうしても費用が掛かります。
それをいちいち電卓で計算していては時間がいくらあっても足りません。
一人で計算するとイージーミスしてしまうので、エクセルの計算式を用いて表を作ります。
これにより、システム監査するべくどのような機械の導入が必要になってくるのか、それに対して全体の費用はどれくらいかけることが出来るのか瞬時に把握することが出来ます。
プレゼンテーションする人にとっては図を見せながら話せるので説得力が増します。
短時間でより多くの人の賛同を得られるので、システム監査に必要な資金源が増える可能性があるので、至れり尽くせりです。
これにパワーポイントを組み合わせれば、レジュメという形で持ち帰り資料を作成できるため、何度もプレゼンテーションを行う手間が省けます。

デバイス制御ソフトについてもっと知る

デバイス制御のためのソフト

Copyright © 2018 システム監査で守る all rights reserved.